武道

表記や漢字などはさまざまな表現があるため、気になる場合はご自身でご確認ください。10文字以上を超える場合は、上下二段の2カ所表記での扱いになります。

1:戦気(せんき)・・・「宮本武蔵の言葉」戦に臨むに当たって、心がけるべき平常心、不動心を意味する。

2:残心(ざんしん)・・・心が途切れないこと。打った後も気を抜かない心。一喜一憂しない平常心。

3:無倦(むけん)・・・「論語」の言葉。嫌気を起こすことなかれ。

4:和を以て尊しと為す・・・聖徳太子が憲法制定に使用した言葉。「以和為貴」とも表記。人との和を大事にする。

5:伏してぞ止まん・・・辛い時、すぐに 諦めるのではなく、もう一歩努力して前に出よ。

6:至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり・・・「吉田松陰」誠の心を尽くせば人は必ず動かされる。

7:親思う心にまさる親心、今日のおとずれ何ときくらん・・・「吉田松陰」子が親を思う心以上に、親の子を思う心は深い

8:志しを立てて以て万時の源となす・・・吉田松陰の名言。志を立てることがすべての出発点である。

9:人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くがごとし・・・徳川家康の名言。人生は辛く、耐え忍ぶものを意味。

10:むかし蒔く木の実大木となりにけり 今蒔く木の実 後の大木ぞ・・・二宮尊徳の道歌。

11:敬天愛人・・・「西郷隆盛」の言葉。天を敬い、人を敬愛するということ。

12:やっせんぼ・・・鹿児島弁で臆病者、度胸のない役立たず。

13:武士道・・・江戸時代の武士の生きる道を示す文武両道の鍛錬を欠かさず、命を持って責任を取る。

14:大和魂・・・勇敢で潔いことを特徴とする日本民族の固有の精神。

15:臥薪嘗胆・・・「がしんしょうたん」。復讐を忘れず、長く艱難辛苦すること。

16:中今(なかいま)・・・ 神道にある言葉で今を一生懸命に生きる。

17:天下無双・・・天下に並ぶものがないほど優れていること。

そのほか

挑戦 志高く 気合い 果敢 堅守速攻 一籠入魂 一所懸命

力戦奮闘 努力無限 輝 疾走怒涛 飛翔 初一念 初心 道 百錬自得 戦気 大和魂



素直
根性
凛然
感謝
誠実
研鑽
中庸
平常心
守破離
智心剣
克己心
決断力
挑戦者
一生懸命
交剣知愛
鬼手仏心
万振知妙
継続修練
不撓不屈
一意専心
三位一体
一期一会
剣は心なり
やればできる
継続は力なり
我以外皆我師
求道これ道なり
努力に勝る天才はなし
天才は有限、努力は無限
雲は龍に従い風は虎に従う
The movement you need is on your shoulder.
Let it be

焼印箇所詳細

パターンの詳細は各商品ページをご覧ください。